キャッシング業界の中でも特殊な立ち位置にいるレイクの審査を攻略しよう

Posted by seadmin on 2015年6月17日

レイクはもともと消費者金融でしたが、後に新生銀行に買収され今の形となりました。
そしてキャッシング業界においても、消費者金融と銀行の性格を持っているという特殊な立ち位置にいます。
そうなると、審査のほうが気になりますよね。
銀行の厳しさを持っているのか、はたまた消費者金融の甘さを持っているのか。
レイクはどちらなのでしょうか?


レイクの審査の通過度合いは判断しにくい

甘いという話もあれば、厳しい、落ちたという意見もあります。
中立の立場にいるレイクですから、どちらともいえないのでしょう。
しかし、基本的にはチェックされているところは他の金融機関と同じで、借り入れ件数、キャッシング履歴、勤続状況の3つを主に見られます。
ここをクリアしていれば通過できると思うので、自信がある方は受けてみるといいでしょう。
ただし、他の銀行に落ちてしまったという人はレイクもだめな可能性があるので様子を見たほうがいいかもしれません。
時期をずらしたり、勤続年数を重ねるなどの対策をとるのも手ですよ。


銀行だけれども金利が消費者金融並みに高い

ここで少しレイクのカードローンのスペックを見ておくと、金利は銀行であるにもかかわらず消費者金融並みに高いです。
しかし利用限度額は500万円までで総量規制対象外になるので、大金を借り入れたいという人にはおすすめですね。
今後大きな出費があるかもしれないという人は、この会社を選んでみてはいかがでしょうか。